【最終版】子供も大人も食べられるカレー

今日も子供のリクエストがあったのでこのカレーを作った。子供が連日食べたがるぐらいハマってる。俺も美味いと思う。そんなこんなでレシピを修正の上再掲。

image

今日、Twitterでレシピの誤記についてのご指摘を頂戴したので、その部分を修正するとともに、体裁も整えた。記載内容を見て貰えばわかるように、レシピの読者設定は「料理が苦手なひとむけ」だ。

材料(登場順)

  • 米 2合
  • 鶏胸肉 400g
  • 塩少々
  • プレーンヨーグルト 100cc
  • 玉ねぎ(大きいの)2つ
  • サラダ油 適量
  • クミンシード 小さじ2ほど
  • バター 50g
  • にんにく 一欠片をすりおろし
  • 生姜 にんにくと同量をすりおろし
  • S&Bカレー粉 大さじ5
  • トマトピュレ 50g
  • トマト 2つ
  • 水 適量
  • ガラムマサラ(お好みで)

工程

  1. ご飯の準備
    1. 米を計って洗って、水に浸けておく
  2. 鶏肉のしたごしらえ
    1. 鶏胸肉を一口大に切り揃え、ボールに入れ塩をふりかけ揉み込む
    2. そこに、ヨーグルトを加える。鶏肉が柔らかくなる。
  3. 炒めタマネギの用意
    1. 玉ねぎをみじん切りにする
    2. フライパンを火力マックスで十分に温め、煙が出てきたら、サラダ油(大さじ1程度かな)を入れなじませる
    3. そこへ、みじん切りにした玉ねぎを投入。すぐにかき混ぜる
    4. 3-4回かき混ぜたら、火力マックスを10とすると、5程度に落とす
    5. そのまま15分ほどかき混ぜながらきつね色になるまで炒め続ける。分量は、炒め出してから1/3程度になっていよう
    6. こんな色づきになったらオッケー
  4. ご飯を炊く
    1. お米を水につけてから30分ほどは経ったはず。炊飯器にセットし、スイッチを入れる
  5. トマトの下ごしらえ
    1. 湯むきするのめんどくさいから、トマトをガスで炙って皮をむく
    2. 清潔なまな板の上で、皮をむいたトマトを細かく切っておく
    3. 切る際に生じた汁は捨てるなよ。汁がうまいから
  6. カレーの作成
    1. カレーを作る鍋をコンロの上に置き、サラダ油を入れる。まだ火にかけない
    2. そこへ、クミンシード投入。弱火にかける
    3. 3分ほどしたら、クミンシードの周囲から泡が出てくる。泡が出てきたら、3.で作った炒め玉ねぎを投入
    4. 油が炒め玉ねぎに回ったら、バターを投入
    5. バターが溶けたら、にんにくと生姜を投入。この時、バターのため、中の具材は、みんな白く見えるはず
    6. これが少し茶色になるまで炒める。茶色になったら、カレー粉を分量通り一気に投入
    7. カレー粉を入れた後、炒め続けると、間をおいて、匂いがしてくる。匂いがしてきたら、2で用意した鶏肉を、ヨーグルトごと、鍋にぶちまけ、よく混ぜる
    8. ヨーグルト鶏肉とカレーベースがよく混ざったら、トマトピュレを投入。これもよく混ぜる
    9. トマトピュレもよくなじんだら、先ほど切ったトマトを汁ごと投
    10. ここへ、具材がひたひたになるまで水を入れ、火を強火にする
    11. 沸騰したら、再び弱火にし、鍋の蓋をし、20分ほど煮込む
  7. カレーライスにする
    1. 皿にご飯をよそう
    2. 鍋の中のカレーの味を見て塩気が足りないと思えば塩を追加
    3. 味が決まったら、カレーをよそう
      1. 子供ならそのまま供する
      2. 大人ならここにガラムマサラをふりかける

以上

前回のレシピから、トマトピュレの分量を1/3に減らし、その代わり生のトマトを使うことにした。トマトにすることで、少し「脂気」が和らぐ。出来上がりも、以前の物より、少しさらっとしているはずだ。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク