そもそも蓮舫って二重国籍ですらないんではないか?

(以下はFBに書いたこちら https://www.facebook.com/noiehoie/posts/585107771673928?comment_id=585112278340144&notif_t=feed_comment&notif_id=1473785454582687 より転載)

あのぉ。。。まあ、大前提として「重国籍の何が悪いのか?」って話はあるんですけどその前にね。。。
今になって気づいたんですけどね。。。そもそも「蓮舫は二重国籍」って、厳密にはいえないんじゃないですかね?

日本の行政当局としては、国籍法の規定に基づき、「相手国の籍から離脱してから、日本の国籍に入れる」という作業をするわけですよね? しかし、「相手国の離籍手続き」ってのは、相手国によって千差万別です。

例えばブラジル。ブラジルには「国籍を離脱する」という概念そのものがありません。したがってブラジル国籍者が日本に帰化しようとする場合、日本の国籍法が定める「まず離籍してこい」って手順を踏めません。だからって、ブラジル国籍者の帰化を認めないかといえばそんなことはなく、「まあ、そういう国もあろうな」ということで、帰化を認めています。ラモスもロペスも闘莉王もこのパターン。

で、蓮舫。

蓮舫が国籍選択(厳密にいうと帰化とは違う概念です)をする前の籍は台湾籍な訳ですよね? で、日本の行政当局が、対ブラジル国籍保有者の帰化申請の時のように、「では、台湾当局の処理方法に基づいて判断します」とやってるかといえばそうじゃない。だってそうでしょ。日本は台湾と国交を持っていないし、台湾を国だと認めていないので。したがって、台湾籍の人でも、日本の行政当局が処理するときは、台湾=中華民国ではなく、中華人民共和国の規定する「自国民の離籍手順」を踏まえて対応するわけです。

となると、問題となるのは、中華人民共和国が自国民の離籍手続きをどう定めてるかってことですよね?

聞くところによると、中華人民共和国は「別の国の国籍を保有したら、中華人民共和国の国籍から離脱したとする」としているそうです。(中華人民共和国、案外、近代的ですなw)となると、蓮舫の場合、「日本国籍を選択した段階」で、「中華人民共和国の籍から抜けた」となるわけで、これどう考えても「二重国籍」ですらない。

これ、やっぱり、蓮舫の件で騒いだ人たち、とんでもないことやらかしちゃいましたよ。まあ差別者が常にそうであるように、「頭の悪さが露呈した」って話なんでしょうが、しかしまあ、本当にバカばっかりだわ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. x より:

    「案外、近代的ですなw」のあたりも結構「頭の悪さが露呈した」w

  2. ハーバード より:

    アタマ大丈夫でしょうか?

    ちょっと弱いようですね。