日本会議をめぐる四つの対話

日本会議をめぐる四つの対話

「日本会議」を支配しているのは誰か?

空前の「日本会議ブーム」。
すべては『日本会議の研究』(扶桑社)によって始まった。

日本会議をめぐる四つの対話

本書では、日本会議の実像により迫るため菅野が4名の識者と対話。日本会議のこれまでといま、そしてこらからを語り尽くす。

対談相手は、『永続敗戦論』(太田出版)の著者である白井聡氏。
元参議院自民党議員会長で日本会議グループ誕生期の中心人物である村上正邦氏。
民族派「國の子評論社」社主の横山孝平氏。
村上氏の政治家としての軌跡を辿った『証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』(講談社)を著作に持つジャーナリストの魚住昭氏の4名である。

お買い求めはこちらから

Be the first to comment

コメントを残す